注文住宅を検討するなら、収納を重視した間取りで!


なぜ家造りでは収納スペースを重視すべきなのか

注文住宅の魅力は、何といっても設計の自由度が高いことです。家の外観デザインや室内の間取りあるいは設備など、あらゆる部分を自分たちの好みやニーズに合わせて設計することができます。ただし素人の方によくありがちなのが、収納スペースの間取りを軽視すること。日常生活では食器や衣類をはじめ書籍やおもちゃ等、あらゆる物が一時的あるいは長期にわたり、保管が必要になるのが通常です。もしこれらを収納するスペースがなければ、たちまち室内に物があふれてしまいます。そうなると単に見栄えが悪くなるだけでなく、家事や衛生面など暮らしの様々な部分で支障をきたしかねません。

収納スペースを考える際のポイント

一口に収納スペースといっても、キッチンや洗面所あるいはクローゼットなど、収納すべき場所の性質によってまちまちです。もちろん家族の人数や構成によっても、収納スペースの容量や機能は変わります。したがって収納の間取りを考えるならば、現時点で暮らす家においてどれだけの荷物があり、それがどのような状態で収納されているのか、まずしっかりと把握することが重要になります。これを怠ると、新しい注文住宅の収納スペースの間取りを、場当たり的に設計することになるでしょう。完成後に収納で不便さが見つかれば、快適な暮らしに水を差すことにもなります。ちなみに収納スペースの間取りを検討する際には、普段から収納スペースの利用頻度が高い人の目線や考えを取り入れることが、成功の秘訣です。

東京の注文住宅は耐震性を向上させた商品があります。基礎にラバーなど減衰させる機構を埋め込むことで実現させています。