家事動線と収納がポイント!間取りを考える時に失敗しないためのコツ


後悔しない間取りを考える

注文住宅は設計の段階から意見を反映させて、自分たちの理想の家作りができることが最大のメリットです。中でも、家の間取りを考えることは家作りの工程の中でも最も楽しくて夢が膨らむ作業の一つですが、頭の中で最高によいと思った間取りでも、実際に住んでみると意外と使い勝手が悪くて後悔したという事例も少なくありません。間取りを考える時に失敗しないコツは、家事をスムーズに行うための動線や家がすっきりと広く見える収納を意識することです。家族構成や日常生活など自分たちのライフスタイルを考慮しながら、無駄なく動きやすい家事動線と部屋が散らかりにくい収納を考えていくことが、理想の間取りに近付くための近道といえるでしょう。

家事動線と収納を考える時のポイント

効率的な家事動線を考えるためには、特に朝や夕方の忙しい時間帯を思い浮かべながら、自分自身の動きや家族全員の行動パターンをシミュレーションしてみることがポイントです。特に朝も夕方も料理をしながら家事をこなすことが多くなりがちなので、キッチンを中心に洗濯をする洗面所、洗濯物を干す場所、浴室などとの行き来が煩わしくならないようにする間取りにするとよいでしょう。また、収納スペースについては、物を使ったら部屋を移動せずにそのまましまえるようにすることを基本にして、設置場所や大きさなどを決めるのが良策です。収納を考える時点で実際に収納するものを具体的に想定しておけば、物が散らからず、片付ける手間の少ないすっきりとした空間を実現することができるでしょう。

京都の注文住宅を扱う業者は数多くありますが、最も重要視しなければならないのは「実績」です。家は財産であり家族の命を守るものです。安全な家を作るためにも知名度より実績を見ましょう。